交通事故被害と示談

全国どこでも多くの車が走っていますが、車が多ければ多いほど、交通事故が発生する可能性も高くなります。実際交通事故に遭い、怪我をしたという方は大勢居ますが、交通事故の被害者は加害者に示談金を請求することが出来ます。加害者側も示談金を支払うという形で交渉に応じることが多いのですが、このとき加害者が提示する示談金がいくらかは必ずチェックしておきましょう。保険会社が示談金を設定している場合は、必要最低限の示談金しか支払おうとしていない可能性があります。

示談金がいくらになるかは、保険会社などが判断しますが、加害者が雇う保険会社の場合、損失を減らすために、必要最低限の治療費などを示談金として出そうとしますが、このとき後遺障害などによる損失については無視することがほとんどです。当然無視された分は自分で支払うことになるので、こちらは確実に損をすることになります。そういう事態を防ぐためにも、必ず弁護士に相談して、正しい相場の示談金を支払ってもらえるよう、交渉してもらう必要があります。

示談金を受け取る際は、これから先の生活をきちんと保障できるであろう額が必要です。現在支払っている治療費はもちろん、損害に対する補償や、後遺障害の補償など、現在だけでなく、将来の損失も踏まえて計算してもらいましょう。交通事故のトラブルに強い法律事務所なら、専門の弁護士が事故の内容や被害者の様態、車などのものの状態などをチェックして、どの程度の示談金が引き出せそうか調べてくれます。