決断は慎重に

示談金の支払いは、交通事故を起こした加害者が、被害者の損害を補填するために支払います。その金額は状況にもよりますが、長期に亘る治療が必要な怪我を負った場合は、それなりの金額が求められます。このとき加害者は保険会社を通して示談交渉を行うことが多いですが、保険会社にしてみれば、こうした交渉は慣れたもので、逆に交渉に不慣れな被害者は、保険会社のことを信じてしまい、せっかくもらえる示談金を不意にしてしまう可能性があります。

示談金を提案する加害者側の保険会社は、なるべく出費を減らすために示談金を低く設定します。怪我を負ったばかりで、これからの治療が不安という方は、ついつい相手の条件に乗ってしまいがちですが、しっかり調査すると、本当はさらに多くの額を受け取れる可能性が高いです。特に大怪我を負っていて、将来的にも残りそうな後遺症が確認されているときなどは、より多くの補助金を請求できるので、これからの将来のためにも、必ず弁護士に相談しておきましょう。

示談金に関する交渉は、極力慎重に決定することが肝心です。特にに弁護士にも相談しておらず、相手側が提案した示談金で契約しようとすると、大きな損失を生むことになるので、そうならないように慎重に行動しましょう。大体治療が完了してからが、示談交渉などが始まるタイミングといわれているので、相談したい法律事務所などがある場合は、治療の最中に電話連絡などを入れて、前もって示談交渉のための準備を始めておきましょう。